新島みみのブログ

日常のあれこれ。
日記すら書けないとは
あった出来事とか考えたこととかを記録する気力がない。
こんなことになるとは自分でも思わなかった。

でも、これが書けるようになったので明日以降はもう少し戻るかもしれない。
| 新島みみ | 日々 |2018/06/26 01:39 | comments(0) | trackbacks(0) |
精神科に行った
いつもの先生の診察に行った。
車で父に病院まで送ってもらうことにして、精神状態がやばかったので抱きまくらのくまを連れて行ったり、足首が痒くなった時対策に靴下を3足も持っていくというちょっと普通じゃない感じになった。
あ、抱きまくらはさすがに車に置いて病院には持って入らなかったけど。

とにかくアップアップだったという話をして、死んだら楽になれるんじゃないかと考えたあとで『どうしてあの時勢いで死ななかったんだろう』って思った話とかもして、土日は働ける状態じゃないと思うけどでも…とか言ってたら、「職場のことをわからないからものすごく無理なことを言っているかもしれないけど、休んでほしい」と言われたので、「お前は何も知らないくせに!」と思わずに「はい」って言えた。この先生でよかった。
帰りに営業さんに電話して休みにすることにはしたけど、結局その後実際に教室に勤務する先生たちには連絡していないまま。
余裕がなくて無理。
LINEの一言とかを考えるのも無理。
ということに夜になってから気づいて、これじゃあやっぱり仕事に行くのは無理だっただろうなあとも思ったりした。

病院からの帰りにみさきちさんに連絡をとろうとしたときも、夕食を買ってきてもらうか別々にするかとかすら返事できなくて、文章を考えている途中で「もうむり」とか送った感じだった。
生協とか薬局で売り場の棚を少しながめていたらちょっとだけ元気が出た。

病院の待合席で首が寒くてフードをかぶっていたり、椅子に横になって寝たりしてけっこう怪しい(というか精神科の待合席にいてもおかしくない)人になってしまった。
なんか、この前のロイホでもそうなんだけど、自分の体調だけでいっぱいになってしまって、周囲の目とかTPOとかそういうことを考えられない状態になりやすい。
あ、あとパニックになる周期が短くなってきた。
それから先生と何を話したのかあんまり覚えていない。
今朝何を食べたのかもちゃんと覚えていない。
みんチャレ用に写真を撮ったり、ゴミがあるから「そうだったんだな」って思う程度。
証拠を見ても、自分がそうしていた記憶は出てこない。

明日は皮膚科の先生がいるはずなので午前中に大森病院に行く。
モンダミンも買ってもらったし、シャワーを浴びたり顔を洗えなくても無理やりでかけてやる。
| 新島みみ | 日々 |2018/06/23 01:29 | comments(0) | trackbacks(0) |
体を壊しても責任取ってくれない
過労の人とかに対して「体を壊しても治療に何年もかかる状態になっても、会社は責任を取ってくれないよ!」という人がいる。
でも「自殺だけはしちゃだめ!」という人も、自殺をやめたとしてもその後の人生に対して何も責任取ってくれないんだよね。
そんなことはわかっているから判断はぜんぶ自分ですべきなんだ。
こっちだってそれくらい考えて行動していることをわかってほしい。
| 新島みみ | 日々 |2018/06/22 06:20 | comments(0) | trackbacks(0) |
休むという判断?決断?ができない
自分でも体をふと見ると「こんな状態で授業をするというのは…」という気持ちになるんだけど、休む連絡をしようという判断ができない。
先週私がいろいろ行ったのに、結局土日の先生達のアサインがひどい内容だったのも大きい。
さっき父に会って話をしたり脚を見せたりしたら「(LINEで症状を読んで)想像していたよりひどいし、他の人のことを考えるのもわかるけど休んだ方がいい」と言われたんだけど、うん…と思いながら「でも…」みたいなことしか言えなかった。
じゃあ誰から「休んだ方がいい」って言われたら休もうと思えるのかと考えたけど、病院の先生に言われても「先生は職場の状況を知らないから簡単に言ってる」とすら思ってしまいそう。
土日に組む先生とか、あるいは亀有の先生達に言われたら休めるだろうか。
KAH先生が「私がヘルプに行くから休んでください」って言うなら休む。
でも先週あんなに話したけど結局土曜日には講師のヘルプは行かなかった(営業さんが行ったっぽい)。
本部勤務の他の人はダメなんだろうか…。
別の教室でいっぱいな気もする。
あー、でも皮膚科のお医者さんに「これは伝染る病気なので外出しないでください」って言われたらさすがに休むし外に出ない。
うん、そう言われたら私自身が助かりそうだなぁ……

もう判断するの嫌だよー。
結局そこなんだよね。
先週、精神科の先生に「先生にアドバイスしてもらっても会社に話したり仕事を辞めるかどうか決めたりするのは私自身だからもっとしっかりしないとと思ったんですよね」という話をしたんだけど、もうその時点で危険ラインだったよなー。

昔はドクターストップってもっと強制力があると思っていたけど、そういうものじゃないんだなってわかった。
これもまた知らないで暮らしたかった知識の一つ。
| 新島みみ | 日々 |2018/06/22 05:57 | comments(0) | trackbacks(0) |
けっきょく私はダメなんだ
子供のことを考えて授業のキリがいい9月まで(土日の教室でだけは)仕事をしようと思っていたけど、けっきょくそれすらできないような状態になっている。
原因が何かはわからないけど、結果的に私が今週末も来週末も普通に授業ができるとは思えない体調だ。
9月までなんて引き伸ばさないで6月で辞めていたほうが子供や周囲の先生のためになったかもしれない。
契約期間の仕事もまたまっとうできなかった。
3ヶ月ももたないなんて。
もっと自分の限界を知っておかないとダメだった。
6月じゃ中途半端になるってわかってたから、3月の時点でメインを断ってGWくらいに退職すべきだったのかも。
ぜんぶ今だから書けることだけど。
これからの仕事がどうなるのか、というかわたしがどうするのか全然わからないので不安だ。
もう仕事を放り出したくないのに。
先週だって授業に行きたいしSY先生が心配だったけど、今週末を考えて休んだのに、どうしてこんなことになってるんだろう。
喉や咳だって完全に治ったわけじゃないし、赤みと痒みはたぶん悪化してる。
ここ一週間だけでも何度か本気で泣いているし、さっき大きく泣いた時は救急に電話するか、そのまえにみさきちさんを起こすべきかくらいは考えたので、たぶんメンタルも良くない状況だと思う。

仕事を急にだけど辞めることにしたらストレスから解放されるのかな?
本当に?
1週間休んだだけでこんなにつらいし、何度も仕事を辞めて何ならとりあえずキリの良いところまで務められるのかすら自信がなくなっているのに?
個人事業主としてやっていく自信が無い。
事務系ができないとか客を見つけられないとかではなく、恩を仇で返すことにならないかがいつまで経っても心配。

作業に対する処理能力と真摯さには自信があるんだけど、それ以外の土台みたいなものがダメ。
ハードもソフトも。
私の脳だけ取り出して、何かに活かしてほしい。
| 新島みみ | 日々 |2018/06/22 03:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
1/787 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ 表示記事一覧
+ 最近のコメント
+ 最近のトラックバック
+ カテゴリ別
+ 過去日記
+ プロフィール
あわせて読みたい
+ 参加してます
blogram投票ボタン
(C) 2018 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.