新島みみのブログ

日常のあれこれ。
てん刻入門
たぶん、今週頭ごろに届きました。
帰ったら不在案内がポストに入っていたのです。
でも毎日何時に帰れるかわからないので再配達をお願いできません。
やっぱり受け取るのは土曜になっちゃうかな。
いつもは金曜がノー残業デーなんだけど、今週は来年度の収支計画の締切になってるので、取りまとめ&確認で帰宅時間は見えないし……。
まぁどちらにしろ週末にはテキストとか読めるだろうなぁ。楽しみ。
| 新島みみ | 篆刻 |2006/03/09 19:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
彫った
彫ったやつ
一応ひと通り彫ってみました。
この後、試し押しをしてから補刀(印影を見て修正する)という工程に入ります。

捺印
で、試しに捺印してみました。
実はこれは一回補刀した後の、2回目の印影なんですが。

篆刻セットに入っていた印泥(朱肉のようなもの)で押してみましたが、この印泥の扱いに慣れていないからかキレイに捺印すること自体が難しいです。
彫ってある部分にも印泥が塊になってくっついてしまうのは、もっと深く彫らなきゃいけないってことかな。
とりあえず形自体はこんなものかなって感じになってきたので、じっくり彫り進めたいと思います。

あと印泥を練るのを練習しよう。
| 新島みみ | 篆刻 |2006/03/04 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) |
転写した
20060303_138715.JPG
というか昨日の時点でけっこう彫ってみました。
写真は、転写した時点での記録を取らずに思わず彫っちゃったところ。
白っぽく見えるのが彫ったところです。

反則してマジックインキを手に入れたので転写してみたら、欲望に負けて彫り始めてしまい、今日は二時間ほど遅刻するという社会人失格っぷり。
今夜はちゃんと早く寝て、土日で彫るようにします(我慢できるか自信ない)。

ところで昨日は夫から外食してくるという連絡が入ったので、ハンコ彫っちゃうかなーなどとウキウキしていたら、たまたま珍しく2つのグループから食事のお誘いがあったりして贅沢な選択肢に迷わせていただきました。
結局思ったより残業したこともあり、神保町で一郎とまったり雑談して帰ってきました。
噂通り食べ物が美味しい店でご機嫌。

もう片方には会いたかった人がいっぱいいたけど、荻窪は残業した平日には遠かったのでした。。
| 新島みみ | 篆刻 |2006/03/03 19:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
マジックインキ
新しいことを始めるのって楽しい。
頭の中がそれでいっぱいになって気持ちがいいです。

そんなわけで、昨日から篆刻に向けて手を動かし始めたわけですが、簡単に印稿を印材(石)に転写するためのマジックインキがまだ手に入っていません。

印稿をコピーした紙を印面にくっつけてセロテープか何かで固定して、裏からマジックインキで塗りつぶしてゴシゴシ擦ってあげると、溶けた印稿のトナーをそのまま印材に写せるって方法をとろうと思ってます。
これに使うマジックって油性マジックなら何でもいいのかな?
昨日大手町や地元のスーパーで文房具コーナー等を覗いてみたんだけど、どこもかしこもマッキーしか置いてないんですよね。

マジック転写の方法とかを検索してみると、どこも"?"マークのマジックインキを使ってて、マッキーを使った人は見つかりません。
マッキーって裏写りが少なかったりするのかな……?
「ダメだった」という報告もないんだけど、転写に使うのは黄色がいいみたいなので、もし買ってから失敗だったらその後使わなさそうだし躊躇しちゃいます。
黒とかだったら迷わず買ってみるのに。うーん。

篆刻セットを買った新宿のハンズにもマジックインキは無かったような気がするし、どこかの店で見つけたとしても何色かがセットになったやつしか置いてなかったりしそう。
バラ売りしてる場所見つかるかなぁ(´-`)

マジックインキはキャップ外しにくいし不人気なのかしら。。
よく手にインクが付いたりした記憶があります。
マッキーは太いのと細いのが一本になってて便利だしねぇ。

あと関係ないけど、マジックインキって黒とか赤とかだと胴体に白抜きで?マークが書いてあるけど、黄色の場合は白抜きだと見づらいから黒で書いてあるんですよね。
あれが昔から気に入らなかったんです。なんとなく。
それなのに30過ぎてマジックインキの黄色だけをこんなに探すことになるとは……
| 新島みみ | 篆刻 |2006/03/02 16:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
印稿
20060302_137741.JPG
2種類作ってみました。
見にくいと思いますが、黒い部分がインクの付く所(白い部分が彫る所)です。

初心者には白文(文字の部分を彫る)が良いらしいのですが、それだけじゃさみしいのでうさぎを入れてみようかと。
左のを先に書いたんだけど、もうちょっとうさぎを可愛くしたくて右のを書いてみたら、顔の部分が朱文(文字部分を残して周りを彫る)みたいなことになってしまいました。
今の私には無理かなぁ……
でも右の方が気に入っちゃったしなあ。

まああまりにもダメだったら石の表面を削り直せばいいから、右のに挑戦してみようかな。
| 新島みみ | 篆刻 |2006/03/02 00:39 | comments(2) | trackbacks(0) |
1/2 >>
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ 表示記事一覧
+ 最近のコメント
+ 最近のトラックバック
+ カテゴリ別
+ 過去日記
+ プロフィール
あわせて読みたい
+ 参加してます
blogram投票ボタン
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.