新島みみのブログ

日常のあれこれ。
<< いっぱい話してきた | main | 引き続き中二病的な感じでいってみる >>
規格外なことを受け入れる、ってことかな?
孤独を感じていなくて、誰かに共感してほしいわけでもなくて、全方位にエネルギーが出ているので相対的にどこかへのエネルギーというのが無いに等しい状態で、そのエネルギー量自体はかなり大きくて、情報処理能力がそこそこある。

というのが私の『規格外』な部分なのかなあ。
他に規格外なのは、あ、どう表現したらいいかわからないけど、常識を前提としないというか前提を置かれないとどこまでも前提を探しに行く、みたいなところかな?
選択肢をそうそう足切りしないとか、そういう。

自分はそんなに普通の人と違うのか、というところに関心があったけど、どれくらい違うとかそういうレベルじゃなさそうな雰囲気を昨日と今日の会話でうっすら意識しはじめた。
もう少し自分の中の感覚とその話が馴染むようであれば、普通の人と私のことを両方ある程度わかっている人に、また改めて話を聞いてみたいなあ。

私が「生きる」ということは、生命維持活動という意味では普通の人間と同じだけど、もしかしたら概念そのものを違うと捉えたほうがいいのかな、というか。
生きるとか死ぬとかの感覚が普通の人とは違うっぽいという話も、私にとっての生死の概念は世の中のソレとそもそも全く違っているという前提で新しく構築し直したほうが少なくとも私の中でしっくりくるかもしれない。

ああ、「下界の人のことはどうでもいいですよ」とか「君も私もどうせ中二病って思われてるよ」って言われたのを自分なりに飲み込んだら、自分を特別視しちゃっていいんだという気持ちになったというか、枷が外れたのか新しい発想が出てくるなー。

「そんなことない、お前は普通の人間だよ」という人はこれ以上の私が「なるほど、その方向で考えてみるのもありだな」って思う意見を用意してくれればいいだけのことなので気にしないようにする。
この辺りは”どっちにしろ中二病だと思われてる”っていう言葉の魔法だな。

Twitterにも今夜はいろいろ垂れ流してるから、あとでまとめないと自分が読み返したときにも何がなんだかわからなくなりそう。

っていうか中二病というよりラリってるくらいの感じかな。
たぶんそれこそ普通の人から見たらおかしい感覚だけど、私には特に違和感がないという部分だ…。
うーん。
認識が思考というか発想とか連想に追いつかなくなって真理が垣間見えたような気がした体験を思い出す。
あー、単に脳内物質の量がおかしいだけなのかしら。
だとしたら適切な薬で普通になれるんじゃないの?という気もする。
この話は医者にした方がいいのかな。メモっておこう。
| 新島みみ | 日々 |2017/04/20 06:13 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - |2017/04/25 | - | - |









http://miijima.jugem.cc/trackback/3169
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ 表示記事一覧
+ 最近のコメント
+ 最近のトラックバック
+ カテゴリ別
+ 過去日記
+ プロフィール
あわせて読みたい
+ 参加してます
blogram投票ボタン
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.