新島みみのブログ

日常のあれこれ。
<< 5月(検討期間)の結論 | main | ついに副資材にまで >>
6/2の診察
(※この文章を書いたのは6/8ですが、例によってあとから見た時にわかりやすいように日時指定で公開しています)

いまだ体が落ち着かないので、とにかくメモだけでもという気持ちで書き残します。
---

カウンセリングじゃなくて診察ということで時間がどれくらいなのかもわからないし、聞きたいことや話したいことなどをまとめていった。

まとめていった内容は

・足が変で疲れているわけでもないのに座る→そわそわするようになった
・微熱
・眠くならない日がある
・どうなったら退院か
・自分のどこが治ってどこが付き合っていくところか
(例)「いつ死んでもいい」「できれば死にたい」「浮気を心配しなくなる」「浮気しなくなる」
・転職については?
・あり得ないことが思い浮かぶというのは、例えば自分の子供が自殺したり人を殺したり事件に巻き込まれるというのも含まれるのか?
・自立支援医療について
・入院する病棟を見学することはできるか。

辺り。

この中で実際に話したのは以下の3つで、その回答と合わせてまとめて書いちゃうと

・足が変で疲れているわけでもないのに座る→そわそわするようになった
 →エビリファイの副作用なので抑える薬を出す。

・自立支援医療について
 →初めてなのなら申請書を持ってくればOK

・入院する病棟を見学することはできるか。
 →OK。病棟に連絡を取ってそのまま見学させてもらえた。

という感じだった。

話した中でノートにメモしてあったキーワード等は

「(普通の人は死というものに対してバリアみたいなものを張っているんだけど)あなたはバリアを開いていっている感じだよね。面白い。」

「こういっちゃうとなんだけど、考え方が薄っぺらい。」
「本を読んだりね。もっと哲学をちゃんとしたらいい。」
「その辺は若干付き合っていけると思う。」
(他の話の後に)「でもまあ哲学者はバンバン自殺してるからね、突き詰めろとは言えないんだけど。」

「命は個人だけのものではない。」
道義(とメモに書いてあったけど、どういう文脈で出たのか細かく覚えてない。たぶん自分の死が他の人にも影響するとかそういうことだと思う)
「殺人についてどう思う?」
 →「今、殺したいという気持ちは無いけど、それは誰かを殺したいからではないからというのもあるし、法で決まっているからかもしれない。」
人を殺したらどういう気持ちになるかについては興味がある、という話はしなかった。
したかったけど、その時は思いつかなかった。
もしかしたら両親が一緒にいたからかもしれないと今になると思う。

「考えないという自由もあるしね」
(たぶん哲学するという話に関連している)

考えもやることも無限→どれもやりたいけどどれもはできない。優先したいことがないので選べない。

「心の中のコンセプト」
(これも文脈を全然覚えていない。重要そうなのに…)

エビリファイは(思考の方に偏りがちなのを)現実に戻ってくるような薬。例えば『生きる』というのにも死生観を考えるのとは別に「ラーメン食べて美味しい、生きててよかった」と思うようなのがあるけど、その食べ物を食べて美味しいという感覚に戻すような、という話だった。

そこでその話とは関係なく、母に「お母さんからは何かありますか?」と片桐先生が質問し、母が「昔はいろんなことに興味を持っていろいろやっていたんですけど…。そういう風に戻ってくれれば…。」みたいなことを言っていたので、うーんと少し考えてから私から先生に「考えすぎるのと感情が動く(という表現ではなかったけど)のが両方大きい人っていますか?」と質問したら「いますね」とのことだったので、「私もそうかもしれません。例えば最近は美味しいものをたくさん食べに行ってたりしていつも『美味しい、幸せ』って言ってるし、ゲームをして達成感を感じたりするし、この前は編み物を編み上げたりしたりしました。」というような話をしたら「なるほど、それは確かに両方あるタイプですね」とまた何か少し伝わったようだった。

あとは「考えを話してほしい。」「ディスカッションしていきたい。」と言われた。
ディスカッションって言葉が出るのか!って思って、またコレ今までの先生たちとはぜんぜん違うなと改めて思ったりした。
私も片桐先生と話すのは楽しいのでいろいろ話したいしいろいろ聞きたいと思っている。

次回は2週間後と言われたんだけど「1週間後でも大丈夫ですか?」と聞いてみたら、すぐに「あ、毎週来るの大変かなと思っただけなんで良いですよ」との返事だった。
というかとりあえず2週間ごとっていうのが精神科の基本なのかな?
薬が増えたりしているし副作用もあるので、生き死にについての話がしたいという以外にもこまめに通って状態を話して変化によって薬を調整してほしいというのもあるんだけど。

ということで次回の診察は6月9日。
| 新島みみ | 日々 |2017/06/02 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - |2017/11/21 | - | - |









http://miijima.jugem.cc/trackback/3316
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ 表示記事一覧
+ 最近のコメント
+ 最近のトラックバック
+ カテゴリ別
+ 過去日記
+ プロフィール
あわせて読みたい
+ 参加してます
blogram投票ボタン
(C) 2017 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.