新島みみのブログ

日常のあれこれ。
<< 前提が違う | main | 派遣会社の営業さんが来る >>
目の前のこと
「目の前のことをやる」がよくわかってないのは、他の人が考えている「目の前のこと」が私には見えてないからかなあと思った。
物理的に目の前にあることは、まあもちろん見えてると思うけど、それは物であるって「何をするか」じゃないし、じゃあ五感で感じることっていうと、例えば今は「眠い」なんだけど、ここで寝ればいいかっていうとそういうことではないと思うし。
たぶん今ある目の前のことは「手がつけられる仕事をする」なんだと思うけど、これが目の前にあるかどうかは私が適切な観察をして判断をしないとわからないことだと思う。
今置かれている状況、とかも、物理的には会社のトイレにいるってわかるけど、まずトイレから出るべきなのか、用をたすのか、眠い場合少し休むのか、ちょっと体をほぐすのか、はたまた携帯を取り出してブログを書くのか、どれが正解で不正解なのかは何か基準とかがないと判断できない。
私はそういうところから『考え』ないとわからないので、考えないで何かするというのはすごく難しい。
まったく考えないなら床で寝てると思う。
しばらく寝てから、床が冷たいとか硬いとか感じて、それから快適ではないからという理由で起き上がるんじゃないかなあ。
さて、私は考えないで何ならできるのか。

お腹が空いても考えないと食事ができないし。
まず何か行動しないと普通は目の前に食べ物がある状態にならないよね。
どんな行動をするかっていうことには、多少なりとも判断が必要だよね。
引きこもりで誰かに食事をよういしてもらってるとしても、食卓に着くっていうのはしないといけないだろうし。
でも体を動かすにはエネルギーがいるから、それと自分がお腹空いているかを選ぶとか、もしくは時間になったら空腹度や疲れや眠さに関係なく食卓に行くと決めているなら、今度は時間を常に確認してないとその「食卓につく時間になったかどうか」がわからなくなる。
まさにフレーム問題。

こういうところが自分の困っているところなんだけど、なかなか伝わらない。
| 新島みみ | 携帯から |2018/12/27 12:51 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - |2019/05/23 | - | - |









http://miijima.jugem.cc/trackback/4190
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< May 2019 >>
+ 表示記事一覧
+ 最近のコメント
+ 最近のトラックバック
+ カテゴリ別
+ 過去日記
+ プロフィール
あわせて読みたい
+ 参加してます
blogram投票ボタン
(C) 2019 ブログ JUGEM Some Rights Reserved.